ルック バスタブクレンジングって擦らないの?

-PR-
勝手に言いたいこと

ルック バスタブクレンジングという製品を信用できない

「風呂掃除がコスらなくて良い」

 

一時期話題になり、かなり「売れた」と言われている「ルック バスタブクレンジング」という製品。

細かい仕組みはよくわからないが、『無力化洗浄』というモノらしい。

汚れをこびりつかせる原因は水道水中のカルシウムでした。カルシウムを除去し、こびりつく力を無力化。60秒待ち、汚れをふやかし浮かせるから、シャワーの水圧だけで汚れが流し剥がせるようになります。こすらず洗える新洗浄メカニズムです。

カルシウムを流しやすくする仕組みということ。

 

個人的には「こすらない」という掃除はムリ。

 

じゃあ使うなよ・・・

 

という話だが。。。

家人が買ってくるので使っている。

 

車を洗ったことがあるだろうか?

車の洗浄は「水圧」では落ちない。

「高圧洗浄(強い圧の水)」でも汚れは落ちにくい。

泡を乗せて洗っても落ちない。

 

結局、「こする」という過程がないと落ちないのだ。

 

なので、私は必ず「こすって」掃除する。

 

ルック バスタブクレンジングのサイトを見たことがあるだろうか?

公式サイトはこちら

 

LION

「広範囲にかけて」は「たっぷり使って欲しい」という意図が見える。
コレにより消費の「回転」が上がる。

 

私は物事を疑って見る癖があるので、「そんなにたくさん必要?」と思ってしまう。

 

しかし、消費者のニーズを「的確に」捉えた製品だと思う。
敵ながらあっぱれ(←いつから『敵』になった?)

 

みんな「掃除をしたくない」という思いがある。
でも、「掃除をやったほうが、清潔だし、良いこと」と思っている。

そこで、「楽に掃除ができますよ」「かけて流すだけ」ほら・・・

と餌を撒く。

 

人は製品を「感情」で買う。

という事を理解している人が作ったんだろうな・・・と思う。

 

「こんなに落ちます!」
「こんなに綺麗になります!」
「まるで新品の輝き!」

よりも、

「楽ですよ」

の方が売れるのだ。

タイトルとURLをコピーしました