池袋暴走事故の加害者から予測すること

-PR-
池袋加害者勝手に言いたいこと

池袋暴走事故の加害者から考察すること

池袋暴走事故の裁判があり、飯塚幸三被告(89)は「車の不備が原因と思っている」と話したらしい。

車は事前にメーカー(トヨタ)が調査し、異常は無かったという。

ネットには「『プリウス』が操作を誤りやすい構造になっている」と書き込まれるような内容もあった。

高齢になると判断力が鈍り、身体能力も落ちる。

つまり、「若い頃にできていたこと」は「できる」と思っていてもできないのだ。

操作を誤りやすい作りになっているなら、高齢者が間違えても無理はなかろうと予想できる。

 

加害者家族がなぜ止められなかったか

飯塚幸三被告(89)は事故を起こす前から「足が悪かった」らしい。

家族が何度も運転しないように言ったが、止めなかったそうだ。

今振り返ると、「周囲の言葉に耳をかせない」という時点で「正しい判断はできない」とも取れる。

加害者家族もネットで叩かれているそうだが、責められるべきではない。

高齢者の判断能力の低下を甘く見ている日本のシステム(法律)も悪い。

 

いち病院スタッフとして池袋暴走事故を考えた

病院にいるとわかるのだが、「認知症」の患者が近年増加している。

データ通りに「安定して」増えている。

認知症患者と毎日関わっていると、いろんな認知症患者に会う。

 

私は今の病棟に来る前まで、「認知症患者が一人暮らしをしている」なんて想像できなかった。

しかし、現状は「認知症患者の一人暮らし」は多い。

 

そして、「昨日まで運転していた」という認知症患者も多い。

「こんなにわからないような人が運転していたのか?」と驚かされる。

 

「自分の事は自分が一番わかっている」という思い込みからくる
「自分の事は自分が一番わかっていない」という事実。

こういう人の特徴は「自分が悪いと思えない人」である。

 

  • ここに財布をいれたはず(誰かに取られた)
  • 時計を持ってきていた
  • 靴を履いてきていた
  • あの人に渡した

などという、「勝手な」思い込みは後をたたない。

そして、こちらの言い分には耳を貸さず、「そんなはずはない」と根拠のない自信をしめす。

 

重度な認知症の場合は、「探してみますね」で済むが、軽度な認知症は中途半端に覚えているのでたちが悪い。

飯塚幸三被告(89)の認知機能は軽度低下しているのだろうと思う。

 

また、過去の栄光(役職)があるため、「周囲の人が注意しにくい環境を作っていたのではないだろうか。

 

この事件から何かを変えないといけない

私は、この事件の内容や裁判の判決結果よりも、日本のシステムとして何かを変えないといけないと思う。

 

年齢で言えば、60歳を超えた時点で何らかの制限や試験は必要であろう。
気づかないうちに認知機能は落ちているものである。

ゲームや脳トレのようなもので、「初めてのことにもある程度俊敏に対応できるか」という確認も必要なのではないかと思う。

 

車がないと「生活に困る」とか言っている場合ではない。
人命がかかっている。
車云々は他の何かで対応するべきであろう。

 

「今までのやり方」を変えようとしないのが人間であるが、悲劇をこれ以上増やさないように、ある程度厳しい規制を作ってもらいたい。

タイトルとURLをコピーしました