看護師ブログ

勝手に言いたいこと 仕事(医療・看護)

ナースシューズはインソールが肝

2020年10月21日

ナースシューズはここ数年「スニーカータイプ」が主流になっている。

 

以前は「サンダルタイプ」が主流だったが、今は「足の甲」が覆われている「スニーカータイプ」が主流である。

足の上に「針」などの危険物が落ちてきても、防げるように足の甲は守らなければならない。

ナースシューズを選ぶときに悩ましいのが、デザイン通気性

スポーツブランド(アシックスやアディダスなど)のシューズは、ナースシューズという名称ではなく、一般的なスニーカーであり、白ならナースシューズとして代用できる。

ただ、意外と蒸れる。

 

外履き用に製造された靴を1日中履くのはちょっと辛い。
合皮で作られているシューズは強いかもしれないが、蒸れてしまって臭くなる。
そして、シッカリ作られているということは「重い」ということである。

 

靴の臭いには「グランズレメディ」というパウダー式の抗菌・消臭剤が良い。
これは、本当に良い製品なので試してもらいたい。
スプレー式より安価で、効果が高い。

ファブリーズはダメ。
あれは「表面の臭い」を押さえるだけ。
そういう物だから、持続しない。

ファブリーズは使用する前に振りかけるのが効果的。

 


グランズレメディ 

 

ナースシューズは室内履きなので、「軽く」「蒸れにくい」物が良い。

各社から販売されている「ナースシューズ」は「軽く」「蒸れにくい」が疲れやすい
足の疲れは腰や肩にも負担をかける。

最終的に、ナースシューズは安価で「軽く」「蒸れにくい」物で良い。

しかし、インソールだけは変えた方が良い。

 

インソールを変えるだけで負担が全然違う。
姿勢も良くなるし、腰や肩の負担も減る。
膝の悪い人は特にオススメである。

アマゾンなら1000円程度からあるので、買って交換しておいた方が良い。
自分の身体への「投資」である。

 

amazonインソール

 

-勝手に言いたいこと, 仕事(医療・看護)

Copyright© めでろぐ , 2020 All Rights Reserved.