勝手に言いたいこと 生活

アンジャッシュ渡部さんと佐々木希さん

2020年6月16日

アンジャッシュ渡部さんの不倫騒動がワイドショーやSNSで騒がしい。

 

周りがギャーギャー言うことではない。
まして、SNSで「文句」を言う人は何様なのかと思う。

 

不倫は悪いことだと思うが、渡部さんと関係の無い人が『意味の無い』発言をしている事に腹が立つ。

 

公衆トイレだって、草むらだって別に良いではないか。
昔からそんな事はザラにある。
私が中学生の頃からそんな話は耳にしていた。

 

しかも、今回は「強姦」ではない。
男女がお互いに納得してやっている事である。

「人を殺した」ような勢いで放送されているが、逮捕される案件ではない。
もっと悪いことをしている人はごまんといる。

 

結局「ネタとして売れるか」「売れないか」で判断して流しているだけなのだ。

さらにワイドショーでは「離婚」を期待しているかのような言い方。
他人の結婚や離婚にいちいち口を挟む事ではない。

視聴率を狙って、視聴者を刺激するような言い方で長引かせている。

完全に視聴率を取るための「材料」でしかない。

 

「佐々木さんは渡部さんの事がまだ好きらしい」と流れていた。
まるで、その事が「おかしい」と言わんばかりの言い方で放送されていたが、良いことではないか。

 

それが佐々木希さんの懐の深さなのだ。

一つが悪かったからと言って全てが悪いわけではない。
人間とはそういうものなのだ。

 

今回は渡部さんを「卑劣漢」に仕立て上げ、
ワイドショーの人間は「壮士風の男」を気取っている。

 

狭隘な正義を振りかざしながら偉そうに批判しているが、
個人的には「あんたの方がむしろ信じられない」と思っている。

 

他人の性癖をエサにして「信じられない!」と言いながら大げさに叫んでいる。
その神経も「信じられない」

 

誰もが聖人君子ではない。
誰だって「欲望」はある。
「金に溺れる」事もあるし「酒に溺れる」事もある。
「性欲に溺れる」事だってあるだろう。

昔の偉人の中には女性関係にだらしない人だってたくさんいた。

 

大抵の夫婦は3年で飽きる。
永遠に愛する方が難しいのだ。

「良いところ」と「悪いところ」をお互いに「理解」できればそれで良いのではないか。

本人も認めて自粛しているのだから、もう良いではないか。
私はそう思う。

-勝手に言いたいこと, 生活

Copyright© めでろぐ , 2020 All Rights Reserved.