師長ブログめでろぐ

勝手に言いたいこと 仕事(医療・看護) 生活

1つクリアしたら1つ課題が見えてくる

2021年1月25日

 

すべての事に言えると思うが、「行動しないと何も変わらない」

  • 考えるだけ
  • 言うだけ
  • 批判するだけ

では、何一つ変わらない。

 

必ず「行動」が必要になる。

 

もうかれこれ5年以上前になるが、ICUに配属している時に感じた事がある。

1つクリアしたら1つ課題が見つかる』という事だ。

 

例えば、「人工呼吸器の勉強をやろう」と始めた時、

人工呼吸器とは何をやっているのか・・・という概論から入る。

はじめにぶつかるのが『胸腔内(生体的な)陰圧』と『人工的な陽圧』
そして、PEEP・・・

始めてみて、自分がどれだけ無知だったのかを思い知らされる。

要するに、勉強すればするほど課題が増える。

そういう小さな部分をクリアしながら、血肉となる。

 

 

大きなもの(概要)を知ると、小さなものが見えてくる。

 

生活の中では「草取り」も似ていると思う。

庭の草取りをする時、「大きな草」を取っていくと、
今度は「小さな草」が目につく。

 

今まで気にならなかった部分が気になって来るのだ。

 

何となく「こういう事でしょう」と知っているだけではダメなのだ。
実際にやってみて、「あれも、これも」を知って、初めて『知った』と言える。

そこには行動が必要であり、行動なしには知り得ない。

 

 

管理の仕事も同じである。

ファーストレベル、セカンドレベル、サードレベルで学んだ知識を持っていても、自分の組織内でやってみないとわからない。

 

「こうすれば上手くできる」という答え(理論)を知っていたとしても、
実際にやってみると、思わぬ方向に向かう。

 

算数の問題とは違う。
解き方を知っていても、できないのだ。

 

 

一つ一つの壁に向き合い、一つ一つクリアしていく事で、気がつけば良くなっている。

世界はこうして作られているのだと思う。

 

さあ、今日も壁と向き合って楽しもう☆

そして、新しい課題を見つけよう♪

 

-勝手に言いたいこと, 仕事(医療・看護), 生活

Copyright© めでろぐ , 2021 All Rights Reserved.