師長ブログめでろぐ

勝手に言いたいこと 仕事(医療・看護) 生活

笑顔はポテンシャルを引き出す

2021年2月25日

随分前にTwitterでつぶやいたのだが、私が時々見る『動画』がある。

 

<高校野球石川大会:星稜9-8小松大谷>

星稜が0-8で迎えた9回裏、9点を奪い奇跡の逆転サヨナラ勝ちで2年連続17度目の夏の甲子園出場を決めた。

5回までに8点を失い勝負あったかと思われた。しかし9回裏にドラマが起こった。

岩下大輝投手(3年)の左翼席場外への2ランなどで追い付き、5番佐竹海音捕手(2年)が左越えにサヨナラ打を放った。

 

私は野球に詳しくない。

この動画を気に入っているのは、負けている生徒たちの「笑顔」である。

 

9回裏に8対0だ。

普通に考えれば、負け試合である。

 

そこを見事に逆転して勝利したのだ。

 

 

私たち人間は『賢い』

なので、頭の中で決めつける事も多い。

「そんな事できるわけがない」
「もうダメだ」
「終わった」
「もっと辛くなる」
「これ以上のものはない」

など、行動せずに頭の中で決めつける。

 

負けていたチーム(星稜)は、試合の勝ち負けではなく、「楽しむ」事を選んだ。

自分たちが野球を思いっきり楽しんだ。

負けそうなのに泣いている生徒はいなかった。

 

何でもそうだが、『メンタル』は結果に影響を及ぼす事が多い。

「負ける」と思った時点で負ける方向に進む。

 

「良くならない」と思った時点で、良くならない方向に身体を向けている。

 

 

医療も同じだと思う。

今の部署が「良くならない」と思っている人は、「良くならない」行動を起こしている。
「辛い」と思っている人は、自分が辛くなるような行動をやっている。

 

リーダーと希望の記事を過去に書いたが、リーダーはメンタルを良い方向に持っていかなければならない。

「良くなるかも」
「勝てるかも」
「できるかも」

と思わせる事だ。
言い方は悪いが、『上手に騙す』ことも必要なのだ。

 

みんながポジティブに信じる事ができれば、間違いなく良い方向に向かう。

 

私が好きなミスチルのPADDLE(パドル)という曲の中の歌詞にこういう歌詞がある。

 

良いことがあってこその笑顔じゃなくて、笑顔でいれば良いことあると思うから

 

 

笑顔はポテンシャルを引き出す。

-勝手に言いたいこと, 仕事(医療・看護), 生活

Copyright© めでろぐ , 2021 All Rights Reserved.