病棟が変わった

管理者(師長)へ向けて 仕事のこと(医療・看護)

病棟が変わった!?

ちょうど今、上期の面接の時期なのだが、スタッフから「メデ師長が来てから病棟が変わりました」と言われる。

1人2人だけでなく、よく言われるので、気分良く調子に乗っているのだが・・・

ハッキリ言って私は何もしていない。

 

「何もしてない」というのはちょっと変に聞こえるかもしれないが、「こんな病棟にしたい」「こんな雰囲気で働きたい」という「思い」はあっても、業務設計や細かいルール作りは私は行わない。

 

自分たちの職場は自分たちで良くする

 

をモットーとし、現場で起こるトラブルは自分たちで考えてもらう。
私から「こうして下さい」という発言は基本的に無い。
(病院の決まりごとで言うことはあるが・・・)

おかげで随分良くなったし、私がいなくても回るようになった。

 

つまり、自分たちのトラブルも自分たちで解決しようとし、それが難しい場合に報告がある。
些末な内容は自分たちで解決できるようになった。

 

以前の師長は「マイクロマネジメント」型の師長だった(らしい)

細かい「指摘」や「ルール作り」が好きで、1人の患者が起こしたイベントがあるたびに変なルールを作り出していたそうだ。

 

例を挙げるなら、「患者がトイレに閉じこもって出てこなかった」という事象があった後は、トイレの鍵を壊し、トイレのドアに鍵がかからないようにした。
(私が来た時、患者トイレは鍵が壊されており、かからなくなっていた)

待合室に置いてあるテレビのチャンネルで患者同士が喧嘩した後、NHK以外見れなくした。
(私が来た時、NHK以外のチャンネルを映してはいけないルールがあった)

 

こんな風に、何から何まで「過剰」なのだ。

普通に考えれば、公共の場で「トイレに鍵がかからない」なんておかしいと思う。
テレビのチャンネルだって、話し合えば良いではないか。

 

万が一の事象は対策を間違えると息苦しくなる。

 

管理者は「自部署でトラブルを起こしたくない」という心理があるのはわかる。

しかし、その予防が過剰になると余裕がなくなる。

 

1回侵襲ラインを抜かれた→すぐに抑制

という行動を取りかねない。
(現に、私が来たばかりの頃は抑制されていた患者が多かった)

今では一晩に4回抜かれた・・・なんてザラである。
それでもスタッフは抑制をしなくなった。

 

トラブルは起こる。
それを「良い経験」と楽しめなくてどうする。

同じような嫌なことも起こる。
クレームも来る。

それに慣れなくてどうする。

スタッフを守るということはそういう事だと認識しておくべきだ。
管理者がスタッフを守れば、スタッフは患者を守るようになる。

 

面倒なことWelcome☆

くらいがちょうどいい。

  • この記事を書いた人

mede

【めで師長】 ある総合病院で看護師長をやっています。 看護師経験は20年以上で、精神科・ICU・内科病棟の経験があります。 Twitterで書ききれない内容をブログの中で好き勝手書いています。 このブログが誰かのお役に立てれば幸いです。 ※ブログの更新は不定期です。

オススメ記事

mede 1

もくじ1 看護師の勉強は少しずつ取り組むと良い2 『エキスパートナースの知恵袋』は救世主3 豊富な知識やスキルは毎日の学習でしか身につかない 看護師の勉強は少しずつ取り組むと良い 先日、とても面白い本 ...

看護師の勤務表の作り方 2

もくじ1 【めで流】看護師の勤務表の作り方2 ほとんどの看護師が勤務表に満足していない3 看護師の勤務表作成はコツがわかれば早く作れる3.1 ①スタッフから希望を聞いたら、希望表をコピーする3.2 ② ...

看護師おすすめ本 3

もくじ1 看護師におすすめする勉強本2 看護師が勉強を行う上でのポイント3 自分を管理する方法を知る4 お気に入りの本3冊 看護師におすすめする勉強本 先に言っておくが、今回選んでいる本は私の『主観』 ...

師長ブログ 4

もくじ1 看護師長は「言葉」を知っておかなければならない2 看護師も強みを活かす時代3 保存版〜強みワード 看護師長は「言葉」を知っておかなければならない   皆さんは手元に『強みワード』を ...

-管理者(師長)へ向けて, 仕事のこと(医療・看護)