iphone

仕事のこと(医療・看護)

院内PHSが『i-Phone』に変わって迷惑している件

先日、Twitterで「i-Phone」についてつぶやいた。

 

病院(院内)のPHSがi-Phoneに変わって、個人的には大変迷惑している。

 

そもそも、私は昔からi-Phoneが嫌いで、今回のことで更にi-Phoneが嫌いになってしまった。

i-Phoneを使っている人は多いので、人気がある事は知っているが、個人的には「使いにくい」と思う。

「合わない」という言い方の方がぴったりくるのだが、私の「直感」と合わないのだ。
『生理的に合わない』というのはこういう事かもしれない。

 

プライベートで使っているAndroidスマホの方が直感的に使いやすい。

「はじめからAndroidだからでしょ?」と言われるかもしれないが、初めて触ったスマホはi-Phoneなので、はじめからAndroid派というわけではないことも書いておく。

 

話がズレたが、i-Phoneに恨みを持っているわけではない。

普通のボタン式のPHSで何も困っていなかった。
軽いし、動きは早いし、2ボタンで電話がかけられる。
折り返しは「履歴→通話ボタン」で良かった。

 

ところが、i-Phoneに変わって必要な動作が変わった。

電話をかけ直すのに、
ホームボタン
 ↓
パスコード入力(4ケタ)
 ↓
アプリを選択
 ↓
履歴ボタン
 ↓
選択
 ↓
電話番号をタップ

でようやく通話に入る。

最低でも8回ボタンを押すことが必要になる。

これがAndroidであっても、同じなのだろうが、とにかく、院内PHSにスマホは要らない。

 

時代の進化とともに情報管理やデバイスが増え、進化しているのか退化しているのかわからなくなっている。

 

病院の待合室でも多くの患者さんがスマホを見て過ごしている。

先日、70代(と思われる)患者が、Bluetoothのイヤホンで動画を見ていた。

私たちは、デバイスを使いこなせるようになって「賢く」なったつもりかもしれない・・・
しかし、逆にそのデバイスに時間を多く取られているのだ。。。

慎重に時間を使わないと、デジタルデバイス達に時間を搾取されてしまう。

私の人生はどんな人生だったのだろう?
楽しかったのか?
自分の頭で考えて生きたのか?
ROM(Read Only Memoly:見るだけ)で生きてきたのか?

 

自分たちの『選択』を『他者』に依存してはいないだろうか?
自分が選ぶ『好き』は『周囲の声』に合わせていないだろうか?

 

想像して少しぞっとした。

 

 

どうでも良いが、この病院PHSのiPhone・・・
何とかしてもらえないだろうか?

 

  • この記事を書いた人

mede

【めで師長】 ある総合病院で看護師長をやっています。 看護師経験は20年以上で、精神科・ICU・内科病棟の経験があります。 Twitterで書ききれない内容をブログの中で好き勝手書いています。 このブログが誰かのお役に立てれば幸いです。 ※ブログの更新は不定期です。

オススメ記事

mede 1

もくじ1 看護師の勉強は少しずつ取り組むと良い2 『エキスパートナースの知恵袋』は救世主3 豊富な知識やスキルは毎日の学習でしか身につかない 看護師の勉強は少しずつ取り組むと良い 先日、とても面白い本 ...

看護師の勤務表の作り方 2

もくじ1 【めで流】看護師の勤務表の作り方2 ほとんどの看護師が勤務表に満足していない3 看護師の勤務表作成はコツがわかれば早く作れる3.1 ①スタッフから希望を聞いたら、希望表をコピーする3.2 ② ...

看護師おすすめ本 3

もくじ1 看護師におすすめする勉強本2 看護師が勉強を行う上でのポイント3 自分を管理する方法を知る4 お気に入りの本3冊 看護師におすすめする勉強本 先に言っておくが、今回選んでいる本は私の『主観』 ...

師長ブログ 4

もくじ1 看護師長は「言葉」を知っておかなければならない2 看護師も強みを活かす時代3 保存版〜強みワード 看護師長は「言葉」を知っておかなければならない   皆さんは手元に『強みワード』を ...

-仕事のこと(医療・看護)