医療ドラマは見ない

 

皆さんはテレビドラマを見たりするだろうか?

 

最近は「ドラマの内容」よりも「俳優さんの演技力」に目が行くようになってきた。
おかげで内容を素直に楽しめない自分がいる。

 

私は「医療系」のドラマは見ない。

なので、少し前に流行った『コウノドリ』も『コードブルー』も見ていない。

コウノドリ コードブルー

 

「好き」とか「嫌い」とか特に考えていないが、食指が動かない。

素直に言えば、『嫌い』なのだろう。

 

 

昔に見た医療ドラマに幻滅したトラウマのようなものがある。

ドラマの映像で、挿管している患者さんが「ありがとう」と喋った。
一気に興ざめした。

 

挿管中に声が出たら計画外抜管である。

 

ドラマの場面に対して「あげ足」を取ろうとしてしまう嫌な自分が出てくる。

 

性格が悪い。

 

 

医療系のドラマは視聴者から「カッコよさ」や「感動」を求められているように思う。

なので、制作側も「感動」を呼ぶようなストーリー作りを行う。

 

「大切な人が助かる奇跡」は視聴者に希望をもたせる。
個人的にはこの描写をシニカルに見てしまう。

 

実際の医療現場では「奇跡」なんてホトンド無い。
そして、血だらけ、便だらけでキレイなものではない。

ニオイもかなりきつい場合が多い。

 

奇跡的に回復する人は時々いるが、何らかの後遺症が残る人も多い。

 

感染症を繰り返して亡くなっていった人を数多く見てきた。

突然目の前で大動脈が破裂してそのまま亡くなった人だっている。

20代でインフルエンザ脳炎で亡くなった人もいた。

10歳の子供が溺水で運ばれてきて亡くなった。

3歳の子が虐待で運ばれてきて、そのまま亡くなった子だっている。

高校生が通学中にバイク事故で、ICU内でCPAになって亡くなった症例も経験した事がある。
彼は1時間前まで普通に話していた。

 

数多くの経験が私の中でトラウマとしてある。

 

 

医療ドラマに対して恨みは無いが、どこか安っぽさを感じてしまう。

人の命をストーリーでコントロールしようとしている感じが嫌なのかもしれない。

 

イケメン俳優を医師に持ってきている部分も気に入らない。
視聴率を取らないといけないので、仕方ないのだろうが・・・

悪いが、医者のイケメンは少ない。
忙しい医者ほど、髪ボサボサ、ヒゲボーボーである。

 

現実と大きくかけ離れすぎているドラマが嫌いなのだろう。

 

 

先日、「レッドアイ」という亀梨和也さん主演のドラマを見た。

レッドアイは警察の話なのだが、警察官もこのドラマを見て「ありえない」と思うのだろうな・・・と感じた次第である。

警察官から見たら「ありえない設定」なのだろうが、私は警察官ではないので、ワクワクして見ることができた。

 

どちらも「ありえない設定」なのに、なぜ医療系がダメなのだろう・・・?

 

医療者の方の中には私のように思う人もいるのだろうか?

まぁ、見なければ問題ないのだが・・・

どうでも良い話で申し訳ない。

ABOUTこの記事をかいた人

【めで師長】 ある総合病院で看護師長をやっています。 看護師経験は20年以上で、精神科・ICU・内科病棟の経験があります。 Twitterで書ききれない内容をブログの中で好き勝手書いています。 このブログが誰かのお役に立てれば幸いです。 ※ブログの更新は不定期です。