師長ブログめでろぐ

管理者(師長)へ向けて 仕事のこと(医療・看護)

結論をすぐに伝えよ

ビジネスにおいて、「まず結論から述べよ」というルールがある。

軍隊においても、「先に結論から言え、この瞬間にお前が死んだら報告が聞けない」と教育されるそうだ(本当かどうか知らないが。。。)

 

看護師も「報連相(ホウレンソウ)」の方法は指導される。

医療の世界では「SBARで報告せよ」が主流のようである。

S:状況、B:背景、A:評価(自分の考え)、R:提案(相手にしてほしいこと)

S:お疲れさまです。◯◯病棟の△△です。今お電話大丈夫でしょうか?
先生が担当されているAさんの血圧が80台と低下しています。

B:1時間前にトイレで下血されたそうです

A:出血性のショックの可能性があります

R:診察をお願いします。輸液ラインを確保しておいたほうが良いでしょうか?

という具合に報告する。

 

ただ、これについても答えはない。

常に「正しい解」を求めたくなるのだが、私は答えは無いと思っている。

単に、「先生が担当されているAさんが下血後にショックになっています。すぐに診察をお願いします」だけでも良い。

 

相手を不快にせず、素早く報告できれば何でも良い。

上手に報告しようとすればするほど、「報告する」という一歩が遅れる。

内容を忘れそうなら、メモに書いてから、電話をかけてしまえば良い。

一番良くないのは、「報告しようか・・・」「どうしようか・・・」と悩んでいる無駄な時間である。

 

医師からオーダーされた輸液の指示がわかりにくい・・・という事象があった時、看護師同士でゴチャゴチャ話すより、10秒以内に医師へ電話をかけてしまったほうが良い。

時間が空けば開くほど、心理的にかけにくくなる。
「先生は今、忙しいかもしれない・・・」という感情だ。

私たち看護師も十分に忙しいから、お互い様である。

冷たく応対されても気にする必要はない。
応対能力はこちらの問題ではなく、相手の問題である。

 

人間は一人で考えると「ネガティブ」に考えるようにインストールされている。
報告は迷う必要はない。

考える前に動く。

上手く報告出来たか否かは結果である。

気にしても仕方ない。

 

  • この記事を書いた人

mede

【めで師長】 ある総合病院で看護師長をやっています。 看護師経験は20年以上で、精神科・ICU・内科病棟の経験があります。 Twitterで書ききれない内容をブログの中で好き勝手書いています。 このブログが誰かのお役に立てれば幸いです。 ※ブログの更新は不定期です。

オススメ記事

mede 1

もくじ1 看護師の勉強は少しずつ取り組むと良い2 『エキスパートナースの知恵袋』は救世主3 豊富な知識やスキルは毎日の学習でしか身につかない 看護師の勉強は少しずつ取り組むと良い 先日、とても面白い本 ...

看護師の勤務表の作り方 2

もくじ1 【めで流】看護師の勤務表の作り方2 ほとんどの看護師が勤務表に満足していない3 看護師の勤務表作成はコツがわかれば早く作れる3.1 ①スタッフから希望を聞いたら、希望表をコピーする3.2 ② ...

看護師おすすめ本 3

もくじ1 看護師におすすめする勉強本2 看護師が勉強を行う上でのポイント3 自分を管理する方法を知る4 お気に入りの本3冊 看護師におすすめする勉強本 先に言っておくが、今回選んでいる本は私の『主観』 ...

師長ブログ 4

もくじ1 看護師長は「言葉」を知っておかなければならない2 看護師も強みを活かす時代3 保存版〜強みワード 看護師長は「言葉」を知っておかなければならない   皆さんは手元に『強みワード』を ...

-管理者(師長)へ向けて, 仕事のこと(医療・看護)