めでろぐ

管理者(師長)へ向けて

リミッターをはずせ

歳をとってくると、だんだん「予防」に力を入れるようになる。

  • 怪我をしないように
  • 遅れないように
  • 飲みすぎないように
  • 疲れないように

など、若い頃に行っていた「無理」「無茶」をやらなくなる。

 

これはこれで生きていく上での知恵なのだろうが、ある意味「負荷」からの逃避でもある。

 

時々自分の「限界」は確認していたほうが良い。

  • 何時間起きていられるのか
  • 何時間本を読み続けられるのか
  • 5000字のレポートを何時間でまとめられるか
  • 何キロくらい走り続けられるか
  • どれくらいの量を食べられるのか
  • どれくらいお酒を飲めるか

最後の「お酒」はどうでもよいのだが、「ちょっとした無理」が効くのかどうか時々確認しておくべきだ。

 

「本気を出せば出来る」

「自分は本番に強い」

などと豪語する人もいるが、「本気」というのは大人になるとなかなか出せない。

若い頃、スポーツで「練習で全力を出せ」「試合は8割の力で行け」と言われていたが、その意味がわかる。

普段から全力を出さない人は、本番で全力は出せない。

 

先日、久々に登山に行ってきた。

さほど高い山ではなかったのだが、悪露に足を取られ、バランスを崩したり滑ったり、後半は足が上がらなかったりと大変苦労した。

登る前は「楽勝でしょ」と思っていたので、自分の甘さを思い知った。

富士山に登る人は「登山の練習」をやるという。
(私は興味がないので、富士山に登りたいとは微塵も思わないのだが)

やはり、本番前の練習というのは十分にやっておかなければならない。

自分の身の程を知って、努力しようとする気になった。

 

医療においても同じである。

普段から「いつか使う」知識を「普段から」勉強しておかなければ、突然目の前に出てくる患者さんの症状に対応できない。
継続して勉強していない人は、目の前の事象に対応できない。
筋トレと同じである。

管理者も時々「現場業務」に携わったほうが良い。

今まで「できていた事」が「できなくなっている」事に気付かされ、世界観が変わる。
そして、スタッフに感謝するようになる。

 

自分自身を正しく知っておくことで「限界」がわかる。
限界を知っていれば、周囲に力を借りる判断材料になる。

1人で何もかも抱え込んでしまうと、気がつけば動けなくなる。

一つずつで良いので、自分の限界を確かめてみよう。

  • この記事を書いた人

mede

【めで師長】 ある総合病院で看護師長をやっています。 看護師経験は20年以上で、精神科・ICU・内科病棟の経験があります。 Twitterで書ききれない内容をブログの中で好き勝手書いています。 このブログが誰かのお役に立てれば幸いです。 ※ブログの更新は不定期です。

オススメ記事

mede 1

もくじ1 看護師の勉強は少しずつ取り組むと良い2 『エキスパートナースの知恵袋』は救世主3 豊富な知識やスキルは毎日の学習でしか身につかない 看護師の勉強は少しずつ取り組むと良い 先日、とても面白い本 ...

看護師の勤務表の作り方 2

もくじ1 【めで流】看護師の勤務表の作り方2 ほとんどの看護師が勤務表に満足していない3 看護師の勤務表作成はコツがわかれば早く作れる3.1 ①スタッフから希望を聞いたら、希望表をコピーする3.2 ② ...

看護師おすすめ本 3

もくじ1 看護師におすすめする勉強本2 看護師が勉強を行う上でのポイント3 自分を管理する方法を知る4 お気に入りの本3冊 看護師におすすめする勉強本 先に言っておくが、今回選んでいる本は私の『主観』 ...

師長ブログ 4

もくじ1 看護師長は「言葉」を知っておかなければならない2 看護師も強みを活かす時代3 保存版〜強みワード 看護師長は「言葉」を知っておかなければならない   皆さんは手元に『強みワード』を ...

-管理者(師長)へ向けて