管理者(師長)へ向けて 仕事のこと(医療・看護)

腹が立つプレゼンテーション

先日「師長会議」の中で、ある師長がパワーポイントでプレゼンを行っていた。

 

その中で、「字が小さくて見えないかもしれませんが・・・」と言いながら説明を続けたのだが、こういう「小さな事」が気になる。

 

 

『若い一般スタッフ』が説明しているなら特に気にならないのかもしれないが、説明しているのは『師長』である。
つまり、病棟(部署)のトップ。

 

「相手の事を考える・・・」という視点を持てば、「字が小さい」と分かっている部分は事前に「大きく」すべきである。

 

聴衆から「字が小さい」と指摘され、その時に気づいたのなら仕方がない。
しかし、説明しながら自分で「字が小さくて見えないかも」と言っているのである。

 

要するに、単なる「サボリ」か「準備不足」

「これくらい良いだろう」という怠慢。

 

少なくとも、「師長会議」や「外部の説明」でこういう台詞は御法度である。

 

 

聴衆の時間を頂いて説明をしている中で、「見えない」部分を作ってはいけない。
「見えない」と分かっているなら、はじめから入れるべきではない。

 

「自分の言いたいこと」が優先され、「聞き手」の事を考えられていない証拠だ。

 

 

「一事が万事」という言葉が昔からある。

この「小さな事」からも「スタッフの話なんて聞いていないのだろうな」
「相手のことを考えられる人ではないのだろう」という事が容易に想像できる。

 

私も他人のことを言えるほど「気が利く」わけではないが、他人の時間を奪う行為はやめて頂きたい。

 

 

スライドの「デザイン」や「色使い」も悪く、気色悪かったのが重なり、イライラさせられた事例であった。
(これは個人のセンスが問われる部分なので、仕方がないかもしれないが・・・)

 

きちんと「伝える」事が目的なら、「見える工夫」を取り入れておくべきであろう。

  • この記事を書いた人

mede

【めで師長】 ある総合病院で看護師長をやっています。 看護師経験は20年以上で、精神科・ICU・内科病棟の経験があります。 Twitterで書ききれない内容をブログの中で好き勝手書いています。 このブログが誰かのお役に立てれば幸いです。 ※ブログの更新は不定期です。

オススメ記事

mede 1

もくじ1 看護師の勉強は少しずつ取り組むと良い2 『エキスパートナースの知恵袋』は救世主3 豊富な知識やスキルは毎日の学習でしか身につかない 看護師の勉強は少しずつ取り組むと良い 先日、とても面白い本 ...

看護師の勤務表の作り方 2

もくじ1 【めで流】看護師の勤務表の作り方2 ほとんどの看護師が勤務表に満足していない3 看護師の勤務表作成はコツがわかれば早く作れる3.1 ①スタッフから希望を聞いたら、希望表をコピーする3.2 ② ...

看護師おすすめ本 3

もくじ1 看護師におすすめする勉強本2 看護師が勉強を行う上でのポイント3 自分を管理する方法を知る4 お気に入りの本3冊 看護師におすすめする勉強本 先に言っておくが、今回選んでいる本は私の『主観』 ...

師長ブログ 4

もくじ1 看護師長は「言葉」を知っておかなければならない2 看護師も強みを活かす時代3 保存版〜強みワード 看護師長は「言葉」を知っておかなければならない   皆さんは手元に『強みワード』を ...

-管理者(師長)へ向けて, 仕事のこと(医療・看護)