看護師ブログ

私の日常生活

看護師の借金

先日、スタッフの面接時、3年目のスタッフが「奨学金の返金」について話してきた。

看護師は奨学金を借りている人も多い。

 

奨学金の良いところは「利子が付かない」(付くものもあるが)という点。

 

私も学生の頃、「奨学金」を借りていた。
もう全額返したが、250万円弱の返還があった。

 

くだんのスタッフは「奨学金の返還金が700万円」と話していた。

私は一瞬言葉を失った。

 

700万円?

自分の時代と大きく違ったので驚きを隠せなかった。

 

月に3万円返還したとして、年間36万円しか返還できない。

10年で360万円
20年で720万円になる。

月に6万円返還できたら10年で返還できる。

自分の生活費と別に「6万円」は若い頃にはきつい。

 

周囲に色々と聞いて見ると、看護師だけでなく、大卒の若い人たちもこれくらいが「相場」らしい。

これでは結婚に尻込みするのも頷ける。

「贅沢」なんてできない。

私たち「昭和世代」とはお金のかかり方が違う。

20代前半で働き始め、700万円の「奨学金返金額」があり・・・
10年後には30代

 

そろそろ結婚したい・・・という時点の返還金額は約350万程度

この頃には「車のローン」があるかもしれない。
(となると、借金は500万円程度?)

「奨学金」という聞こえは良いが、「借金」である。
借りているので黙って返すしかない。

税金は上がる一方で、給料は上がりにくい時代。

さらに、「転職」を繰り返す人はキャリアを形成できない。
キャリアが詰めない→給料が上がらない→嫌になって退職を繰り返せばそのうち自分がイヤになる。

 

もっと若い人に「夢」を与えられないのかな・・・と思った次第である。

  • この記事を書いた人

mede

【めで師長】 ある総合病院で看護師長をやっています。 看護師経験は20年以上で、精神科・ICU・内科病棟の経験があります。 Twitterで書ききれない内容をブログの中で好き勝手書いています。 このブログが誰かのお役に立てれば幸いです。 ※ブログの更新は不定期です。

オススメ記事

mede 1

もくじ1 看護師の勉強は少しずつ取り組むと良い2 『エキスパートナースの知恵袋』は救世主3 豊富な知識やスキルは毎日の学習でしか身につかない 看護師の勉強は少しずつ取り組むと良い 先日、とても面白い本 ...

看護師の勤務表の作り方 2

もくじ1 【めで流】看護師の勤務表の作り方2 ほとんどの看護師が勤務表に満足していない3 看護師の勤務表作成はコツがわかれば早く作れる3.1 ①スタッフから希望を聞いたら、希望表をコピーする3.2 ② ...

看護師おすすめ本 3

もくじ1 看護師におすすめする勉強本2 看護師が勉強を行う上でのポイント3 自分を管理する方法を知る4 お気に入りの本3冊 看護師におすすめする勉強本 先に言っておくが、今回選んでいる本は私の『主観』 ...

師長ブログ 4

もくじ1 看護師長は「言葉」を知っておかなければならない2 看護師も強みを活かす時代3 保存版〜強みワード 看護師長は「言葉」を知っておかなければならない   皆さんは手元に『強みワード』を ...

-私の日常生活