看護師質問

勝手に言いたいこと 仕事(医療・看護)

『ソクラテス式問答法』を活かそう

2021年5月24日

新人看護師を教育していると、思うように成長してくれない。
子育ても同じである。

 

こちら(指導側)の思い通りに行くことなんて絶対にない。

「上手くいかない」のは当たり前で、イライラしているのは指導者側の問題である。

 

しかし、やはり何とか上手く成長してもらいたい・・・と思う。

このブログでも何度となく書いているが、「考えを引き出す」という教育方法が最近では主流になってきている。

 

子供が朝起きれない・・・という現象があったとき、親は「もっと早く起きなさい」「いつまで寝ているの!?」「なぜもっと早く起きてこないの?」と責めたところで上手くいかない。

 

子供が早く起きれないとき・・・「なぜ早く起きれなかったのかな?」と子供に理由を尋ねる。

「前日の夜遅くまでゲームしていて寝るのが遅くなった」という理由があるかもしれない。

「途中で辞めれなかった?」「どうしたら寝る時間に辞められるかな?」という『問い』を重ねていく。

問題が解決できるように、何をやれば良いのか、子ども自身から解決方法を引き出すのだ。

 

新人看護師も同じである。

「なぜ同じような失敗をしたのか」
「どうすれば、次に同じ失敗をしないと思うか?」

など、自分で解決方法を考えてもらう。

 

指導者が「こうやりなさい」「こうやらないと駄目」という風な指導をしてしまうと、失敗したときに「指導者のせい」にする。
「先輩からこうやって教わったから、失敗しました」という具合である。
口では言わないかもしれないが、心の中で「人のせい」にする。

これでは成長しない。

 

また、日本人は「反省」が好きだが、強いられた反省は自分を責めることを覚えさせる。
最後には劣等感を植え付けて、自分自身に自信がなくなる。

結局、「周囲の評価」ばかり気にして生きることになる。

 

自分自身のモノサシを持てず、周囲の意見ばかり気にして生きることになる。
これでは社会のさまざまな問題は解決できない。

私たちが生きている世界は何が起こるかわからない世の中である。
正解のない世界でトライアンドエラーを繰り返して正解を見つけていかなければならない。

 

前置きが長くなったが、ひたすら質問を繰り返す手法を『ソクラテス式問答法』というらしい。

質問を繰り返し、小さな自己決定を繰り返すことで、自己肯定感を高める事ができるそうだ。
つまり、自分で決めたことを、自分で実行し、結果を出すということだ。

 

管理者はその「プロセス」をほめると良い。

「工夫して取り組んでいたもんね」
「すぐに動くように変わったね!」など、「結果」ではなく「プロセス」を誉める。

 

一気にやろうとしても変わらないかもしれないが、日常的に意識しておくと良い。
それぞれが自分の頭で考え、行動し、結果を出せるようになったら、素早く問題解決ができるようになる。

管理者が語る「武勇伝」以上の価値があることは言うまでもない。

-勝手に言いたいこと, 仕事(医療・看護)

Copyright© めでろぐ , 2021 All Rights Reserved.