師長ブログ

管理者(師長)へ向けて 知っておくと便利な知識 仕事のこと(医療・看護)

一つの「小さなもの」が「大きなもの」を引き寄せる

師長のルーティン~朝の清掃

皆さんは普段、こまめに掃除を行っているだろうか?

私は毎朝、病棟に着いたらまず、スタッフステーションのパソコン、電話機、テーブルを拭く。
パソコンはもちろん「再起動」する。

プリンタ周囲には「印刷されたまま」の紙やシール類が落ちているので、すぐに捨てる。

毎日やっているので、変化に気づくし、ゴミも溜まりにくい。

 

「小さなこと」をバカにしてはいけない

ある実験で、町中にある「自転車のかご」にゴミを一つ入れておいたそうだ。
すると、翌日にはゴミでいっぱいになっていたという。

小さなゴミが、より大きなゴミを集める。

 

寄付金をより多く集めるには、透明なボックスに、事前にいくらかお金を入れておくと、普段より数倍寄付が集まるという。

少額なお金がより大きなお金を集める。

 

人間の行動や世の中の動きはこの「小さなこと」から始まる。

昔から「チリも積もれば山となる」とか「蟻の一穴」という言葉があるが、「小さなこと」が大きなことに繋がっているという教えである。

 

冒頭で清掃の話をしたが、小さなゴミを見落としてはいけない。
この小さなゴミが核となり、気がつけば手がつけられないほど汚れる。

少なからず皆さんも経験があることだろう。

スタッフステーションに置いてある「ペン立て」を見ればわかる。
気がつけば入りきれないほどの「ペン」や「長い物」がそこに入っている。

 

小さな実績が大きな実績につながる

この例を少し発想を変えて考えると、「小さな実績」が大切だと感じる。

看護の世界では「経験が少ない」とか「1回しか経験していません」と謙遜する人が多い。
それでも、「経験している」という実績はとても大きいと思う。

この「1回でも経験している」というのは強みになる。
この小さな経験が、大きな経験へと繋がるからだ。

何でも「小さなこと」をはじめてみると良い。
これをキッカケに、次に「大きなこと」が待っているかもしれない。

 

「今まで経験したことのないこと」に一つ取り組んでみよう。
その一歩は自分が大きく成長する糧になる。

 

  • この記事を書いた人

mede

【めで師長】 ある総合病院で看護師長をやっています。 看護師経験は20年以上で、精神科・ICU・内科病棟の経験があります。 Twitterで書ききれない内容をブログの中で好き勝手書いています。 このブログが誰かのお役に立てれば幸いです。 ※ブログの更新は不定期です。

オススメ記事

mede 1

もくじ1 看護師の勉強は少しずつ取り組むと良い2 『エキスパートナースの知恵袋』は救世主3 豊富な知識やスキルは毎日の学習でしか身につかない 看護師の勉強は少しずつ取り組むと良い 先日、とても面白い本 ...

看護師の勤務表の作り方 2

もくじ1 【めで流】看護師の勤務表の作り方2 ほとんどの看護師が勤務表に満足していない3 看護師の勤務表作成はコツがわかれば早く作れる3.1 ①スタッフから希望を聞いたら、希望表をコピーする3.2 ② ...

看護師おすすめ本 3

もくじ1 看護師におすすめする勉強本2 看護師が勉強を行う上でのポイント3 自分を管理する方法を知る4 お気に入りの本3冊 看護師におすすめする勉強本 先に言っておくが、今回選んでいる本は私の『主観』 ...

師長ブログ 4

もくじ1 看護師長は「言葉」を知っておかなければならない2 看護師も強みを活かす時代3 保存版〜強みワード 看護師長は「言葉」を知っておかなければならない   皆さんは手元に『強みワード』を ...

-管理者(師長)へ向けて, 知っておくと便利な知識, 仕事のこと(医療・看護)