知っておくと便利な知識

裏紙印刷はするな

昔は「もったいないから」とやたら「裏紙印刷」をやっていたが、最近は「禁止事項」になっている。

理由は「プリンターの故障につながる」という事である。

専門家ではないが、専門家が言っているので、従うしかない。

 

1年半ほど前から「裏紙は使ってはいけない」と知って、スタッフにも「一度印刷された用紙の裏紙を再度印刷しないように」指導してきた。

 

すると、半年くらい前に、病院の中の伝達で「裏紙印刷はしないで下さい」「印刷する時は新品の紙を使用して下さい」と伝達が降りてきた。

自部署は一足早く取り組んでいたので、私の病棟ではすでに「当たり前」のルールとして運用されている。

 

半年くらい前に伝達された「裏紙禁止」条例であるが、昨日、他の部署の師長と電話で話している時に「もったいないから裏紙使ってる」とサラッと言われた。

 

半年前の伝達は何だったのか?と耳を疑った。

 

「情報伝達の難しさ」と、「知識が無いための悲劇」を同時に感じた次第である。

 

くだんの師長は「え?そんな伝達あった?」「でも勿体なくない?」と、お得意の「でも」で反論してくる。

 

数十万のレーザープリンターが故障したときのほうが「勿体ない」という発想には至らないのだろうか?

歳を取れば取るほど、「自分のモノサシ」で判断しがちである。

「今まで上手くいった」という経験は、時に新しい情報を入れにくくする。

 

「雑学」は積極的に取り入れていかなければならない。

色々と話していると、どうやらその部署の師長だけではないらしい。

 

「スタッフが自分で情報を拾いに行かない」と文句を言っているヒマがあったら、自分の顔でも鏡で見たらよかろう。
スタッフができていないという事は、師長(管理者)もできていないと自覚すべきである。

  • この記事を書いた人

mede

【めで師長】 ある総合病院で看護師長をやっています。 看護師経験は20年以上で、精神科・ICU・内科病棟の経験があります。 Twitterで書ききれない内容をブログの中で好き勝手書いています。 このブログが誰かのお役に立てれば幸いです。 ※ブログの更新は不定期です。

オススメ記事

mede 1

もくじ1 看護師の勉強は少しずつ取り組むと良い2 『エキスパートナースの知恵袋』は救世主3 豊富な知識やスキルは毎日の学習でしか身につかない 看護師の勉強は少しずつ取り組むと良い 先日、とても面白い本 ...

看護師の勤務表の作り方 2

もくじ1 【めで流】看護師の勤務表の作り方2 ほとんどの看護師が勤務表に満足していない3 看護師の勤務表作成はコツがわかれば早く作れる3.1 ①スタッフから希望を聞いたら、希望表をコピーする3.2 ② ...

看護師おすすめ本 3

もくじ1 看護師におすすめする勉強本2 看護師が勉強を行う上でのポイント3 自分を管理する方法を知る4 お気に入りの本3冊 看護師におすすめする勉強本 先に言っておくが、今回選んでいる本は私の『主観』 ...

師長ブログ 4

もくじ1 看護師長は「言葉」を知っておかなければならない2 看護師も強みを活かす時代3 保存版〜強みワード 看護師長は「言葉」を知っておかなければならない   皆さんは手元に『強みワード』を ...

-知っておくと便利な知識