看護ブログ

管理者(師長)へ向けて

私が何度も読んでいる本5冊

今日は私が何度も読んでいる本を5冊ご紹介したい。

特に、管理職(師長)になってから、この本の知識にはたくさん助けられた。


本棚から時々引っ張り出してきて、読み直す事がある本。

皆さんも参考にして頂けると幸いである。

1冊目『予想通りに不合理』

https://amzn.to/3mHoONW

人間の行動について、様々な研究結果が紹介されている1冊。

人間は、自分が損をしないために「合理的に」生きていそうなものだが、実は全く合理的な選択をしないという事実。
読み進めると、「確かに、そうかも」と思うことが多く、人間の選択の傾向を知ることができる。

人間を相手とする職業の方には、特におすすめしたい1冊

2冊目『7つの週間』

https://amzn.to/3xmxUF0

もうこの本は私のバイブル本。
人生の中で、これほど繰り返し読んだ本は無い。

自分自身を変えるためのヒントがたくさん詰まっており、理解すれば原則を意識した生活を送れるようになる。

自分自身の人生が上手く行っていない・・・と思っている人におすすめしたい1冊であるし、管理者なら必ず読んでおくべき本だと思う。

3冊目『人を動かす』

https://amzn.to/3aTw4Uw

この本も絶対に外せない本。
他人と付きあていく上での「正解」がここに書かれてある。

いつも「あの人のせい」「あの人が悪い」と思って生きているのなら、それはあなた自身の関わり方が悪いのだと気づかせてくれる。

他人との関係にストレスを感じている人は、これを読んで学んで欲しい。

4冊目『脳にまかせる勉強法』

https://amzn.to/3zy6KOe

最近読んで、久々にぐっと来た1冊。
自分の脳を最大限活かしたい(楽に知識を身に着けたり、活かしたりしたい)人向けの本。

優しい言葉で丁寧に書かれてあるので、読んでいてスッと入ってくる。

「自分は頭が悪い」と思っている人は読むと良いかも。
あなたの頭は悪くない。

5冊目『頑固な羊の動かし方』

https://amzn.to/3HdrIng

良質なチーム(部所)を作りたいと考えているなら、この本は読んでおいたほうが良い。
部下を「羊」に例えて、管理者の視点を教えてくれる1冊。

この程度のことで・・・と思うかもしれないが、その「小さなこと」を気をつけないと、とんでもない痛手をくらうことになる。
集団をまとめるというのは、細かな部分に気を配れないといけない。

リーダーとしてのあり方も学べる1冊。

どうだろう?

興味があれば、ぜひ読んで欲しい。

もしかしたら、あなたの人生を変えてくれるかもしれない。

  • この記事を書いた人

mede

【めで師長】 ある総合病院で看護師長をやっています。 看護師経験は20年以上で、精神科・ICU・内科病棟の経験があります。 Twitterで書ききれない内容をブログの中で好き勝手書いています。 このブログが誰かのお役に立てれば幸いです。 ※ブログの更新は不定期です。

オススメ記事

mede 1

もくじ1 看護師の勉強は少しずつ取り組むと良い2 『エキスパートナースの知恵袋』は救世主3 豊富な知識やスキルは毎日の学習でしか身につかない 看護師の勉強は少しずつ取り組むと良い 先日、とても面白い本 ...

看護師の勤務表の作り方 2

もくじ1 【めで流】看護師の勤務表の作り方2 ほとんどの看護師が勤務表に満足していない3 看護師の勤務表作成はコツがわかれば早く作れる3.1 ①スタッフから希望を聞いたら、希望表をコピーする3.2 ② ...

看護師おすすめ本 3

もくじ1 看護師におすすめする勉強本2 看護師が勉強を行う上でのポイント3 自分を管理する方法を知る4 お気に入りの本3冊 看護師におすすめする勉強本 先に言っておくが、今回選んでいる本は私の『主観』 ...

師長ブログ 4

もくじ1 看護師長は「言葉」を知っておかなければならない2 看護師も強みを活かす時代3 保存版〜強みワード 看護師長は「言葉」を知っておかなければならない   皆さんは手元に『強みワード』を ...

-管理者(師長)へ向けて