師長ブログめでろぐ

管理者(師長)へ向けて 仕事のこと(医療・看護)

『機会』を作って『期待』を伝える

 

ある2年目のスタッフAさんが、チーム移動について相談してきた。

 

私の部署はAチーム・Bチーム・Cチームの3つのチームに分けて業務を行っている。

 

Aチームは観察室を兼ねており、治療が必要な患者さんが多い。
BチームとCチームは大部屋で、比較的安定している患者さんが多い。

 

彼女は現在Bチームである。

 

 

来月からAチームで働いてもらおうと考え、勤務表を出すタイミングで通達した。

 

『プレ』として何度かAチームで働いてもらった後、Aさんから相談が来た。

 

「Bチームで出来ていた仕事がAチームでこなせない」

「やっていく自信がない」

「Bチームに戻してもらえないか」

 

という相談であった。

 

 

私はあえてAチームに入れたことを伝えた。

 

 

Bチームの業務が出来ている事は知っている。
2年目にして随分任せられるようになってきた。
判断や記録を見ても、問題ないレベルになっている。

 

Bチームは安全領域かもしれないが、Aチームでもその壁を超えられると期待してAチームに配置した。

もちろん、難しいと判断すればBチームに戻すが、あなたならやれると思っている。

 

はじめは上手く行かないだろう。
失敗もするかもしれない。

 

ただ、『失敗する』ということは『成長する』ということである。

 

メンバーも変わる。
環境も変わる。

その『変化』に対応していける力は付けてほしいと思っている。

私は「出来ない」と思う人はAチームに入れない。

 

そのような話をした。

 

はじめは「Aチームが難しい」と言っていたAさんも、途中から「確かに・・」と言い始め、最後には「頑張ってみて、ダメだったらまた相談します」と言って帰っていった。

 

管理者の「期待」はシッカリと伝えたほうが良い。

 

また、チーム移動は時々行ったほうが良い。

あまり一箇所に留まりすぎると、柔軟な対応能力が落ちる。

色んな事を経験させる機会を作るもの管理者の仕事なのだ。

『機会』を作って『期待』する。

変化を楽しめるようになったら強い。

  • この記事を書いた人

mede

【めで師長】 ある総合病院で看護師長をやっています。 看護師経験は20年以上で、精神科・ICU・内科病棟の経験があります。 Twitterで書ききれない内容をブログの中で好き勝手書いています。 このブログが誰かのお役に立てれば幸いです。 ※ブログの更新は不定期です。

オススメ記事

mede 1

もくじ1 看護師の勉強は少しずつ取り組むと良い2 『エキスパートナースの知恵袋』は救世主3 豊富な知識やスキルは毎日の学習でしか身につかない 看護師の勉強は少しずつ取り組むと良い 先日、とても面白い本 ...

看護師の勤務表の作り方 2

もくじ1 【めで流】看護師の勤務表の作り方2 ほとんどの看護師が勤務表に満足していない3 看護師の勤務表作成はコツがわかれば早く作れる3.1 ①スタッフから希望を聞いたら、希望表をコピーする3.2 ② ...

看護師おすすめ本 3

もくじ1 看護師におすすめする勉強本2 看護師が勉強を行う上でのポイント3 自分を管理する方法を知る4 お気に入りの本3冊 看護師におすすめする勉強本 先に言っておくが、今回選んでいる本は私の『主観』 ...

師長ブログ 4

もくじ1 看護師長は「言葉」を知っておかなければならない2 看護師も強みを活かす時代3 保存版〜強みワード 看護師長は「言葉」を知っておかなければならない   皆さんは手元に『強みワード』を ...

-管理者(師長)へ向けて, 仕事のこと(医療・看護)