めでろぐ師長ブログ

勝手に言いたいこと 仕事(医療・看護)

我慢は3年が限度

2020年12月15日

 

先日、大阪でコロナ特別病棟に「看護師が集まらない」とニュースで流れていた。

SNSでは「看護師を辞めたい」という文章を散見する。
また、「患者のため」なんて出来るわけがない・・という文章も散見する。

看護師は人気のない職種なのか?

 

いや、違う。

 

看護師という職業は昔から人気がある。

今でも上位に位置する職業の1つである。

看護師になったことを後悔する人も多いかもしれないが、
看護師になったことのない人は「看護師になりたい」と思っている人が多い。

 

個人的には、やりたい人がやればいいし、やりたくない人はやらない方が良いと思う。

シンプルにそれだけだ。

 

 

我慢なんて3年が限度と言われている。

看護師の資格を取り、病院に就職し、「上手くいかない」→「看護師の仕事がイヤ」

という人はすぐにでも辞めたほうが良い。

 

 

「誰でも出来る仕事」とか、どこかで看護師の仕事を見下している自分がいるなら、それは一生付いて回る。

 

無理やり自分を押し殺して「人のために頑張るんだ」というのは、ただの自己犠牲だ。
無理やり作り出した「人のための『やりたいこと』」を続けることはできない。

 

そもそも楽しいだけの仕事なんてどこにも存在しない。

どんな仕事でも面倒なこともあれば、嫌なこともある。

「やりたいこと」のために「やらなければいけないこと」も存在するが、
それを工夫して楽しめるようにしていくのも仕事の一部である。

それを楽しんでできないようなら、その職業はあなたに向いていない。

 

ミュージシャンを見て、「好きなことを仕事にできるなんて羨ましい」と思っているうちは、内面が全く見えていない証拠である。

彼ら(彼女たち)だって、「好きな事」のために「やりたくない事」もやっているのだ。

 

 

自分が何を大事にしているのか・・・をもう一度考えてみると良い。

 

看護師になった理由は何なのか?

  • 他人に喜んでもらうのが嬉しい
  • 役に立っている自分が好き
  • 医療の知識を得るのが好きだ
  • 勉強した知識が実践で活きた瞬間が好き
  • 緊迫した命の現場で頑張る自分が好き

など、人によって価値観は様々だろうが、自分が本当にやりたいことは何なのか知っておいたほうが良い。

 

あなたの大切にしているものは何だろう?

「どうすべきか?」と考えてはダメだ。
「どうしたい?」と考えてみよう。

-勝手に言いたいこと, 仕事(医療・看護)
-

Copyright© めでろぐ , 2021 All Rights Reserved.