毎日少しだけ勉強をやると良い

mede

先日、とても面白い本を買った。

 

ホスピタリストのための内科診療フローチャート

という本である。

なんと価格は8,800円

ほぼ「一目惚れ」のような感じで買ってしまった。

 

この本は髙岸 勝繁先生という方が書いたもので、先生はガイドラインマニアと言われるような人である。
先日、当院の内科の先生と話していたとき、この高岸先生の話題が出てきた。

とにかくすごい先生・・・だそうだ。

 

本が届いた時、とにかくこのボリュームには驚いたが、少しずつ読み進めているところである。

 

しかし、本に8,800円・・・高い。。。

 

今年に入って、私が皆さんにオススメしている本がある。

エキスパートナースの知恵袋

という本である。

値段は1,980円

 

現場で働く看護師には全員読んでおいてほしいと思っている。

看護師には「患者さんを守る」という大義名分があるが、
私達自身も同時に守れないといけない。

 

豊富な知識やスキルが求められる看護師という職業は、継続的に学習が求められる。

 

新人もベテランも同じ「看護師」である。

プロである以上、「経験が浅いので知りませんでした・・・」という言い訳は通用しない。

 

 

ただ、看護師も人間である。

勉強が苦手な人もいるし、基本的に「やりたくない」と思っている人が多い。

「やらなきゃいけない」と思いながら、実行できず、ストレスを抱えている看護師も多い。

 

この『エキスパートナースの知恵袋』は現場で働く看護師のクライテリア(判断基準)を示している。

  • 意識レベルの評価はJCSやGCSだが、原因を探すにはAIUEOTIPSを使う
  • 血圧低下と同時に徐脈が出現したら、脳圧上昇を疑う
  • qSOFAも当たり前になっている
  • PVC(心室期外収縮)はLOWN分類でドクターコールの基準が決まる
  • アセトアミノフェンの1回量と1日最大量も決まっている
  • 手術前の「抗凝固薬」の休薬だって知らないじゃ済まされない
  • 術後の尿量の目標も見落とすわけにはいかない
  • ドレーン色が変わった時、何が起こっているか、知っておかないと危険である
  • 胃管のチューブはどれくらいで抜去になるのか、知らないと入れっぱなしになる

 

ざっと書いたが、全て「常識」の範囲であり、『エキスパートナースの知恵袋』にはそれが書かれてある。

 

「エキスパートナースの知恵袋」は薄い本であるが、内容のエキスが濃い。
過去のエキスパートナース(雑誌)から現場で役立つ特集を集められている。

 

約2,000円を高いと感じるか、安いと感じるかは人それぞれだが、たった2,000円で患者さんも自分自身も守れるなら安いと思う。

 

ちなみに、楽天ブックスのランキング(本 医学・薬学・看護学・歯科学 週間ランキング (その他))では数ヶ月1位~2位で推移している。

 

分厚い本を読んで覚えられずにやる気を削がれるより、
薄い本を何度も読んで自分の血肉にしておいた方が良い。

 

私はかれこれ5回は通読している。

 

これが身に付いていれば、人数の少ない夜勤だって怖くなくなる。

 

自分を次のステージに上げるツールとしていかがだろうか?

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

【めで師長】 ある総合病院で看護師長をやっています。 看護師経験は20年以上で、精神科・ICU・内科病棟の経験があります。 Twitterで書ききれない内容をブログの中で好き勝手書いています。 このブログが誰かのお役に立てれば幸いです。 ※ブログの更新は不定期です。