師長ブログ

勝手に言いたいこと 仕事(医療・看護)

『苦手』と知っているなら取り組め

2021年2月4日

「苦手」を理由に何もしない人がいる

 

先日、他部署の師長が私のところにやってきて、
「パワポで資料の作り方を教えてほしい」と言ってきた。

 

悪いが、そもそも資料作りは私の仕事ではない。
それに、その師長と普段から仲が良いわけでもない。

 

その師長は「私、こういうパソコン作業が苦手で~」と言ってきた。

確かに、少し話しただけで「全然理解していない」という事はわかった。

 

しかし、正直言って迷惑である。

穏便に「ちょっと今、忙しくて・・・すみません」と断ったが、
内心は「甘ったれるな」と思った。

 

 

「苦手」とわかっているのなら、まずは自分で勉強すべきであろう。
勉強した上で、「この部分がどうしても理解できなくて・・・」と言うのなら教えてもよい。

 

しかし、初めから何もせずに「教えてほしい」など、厚かましいにもほどがある。

 

他人の時間を何だと思っているのか?

 

師長でこのレベルなのだから、腹が立つ。

 

スタッフには高慢な態度で「勉強しなさい」と言うくせに、
自分は苦手部分を克服しようとしない。

 

 

師長になった以上、パソコン作業は『仕事』になる。

 

いくら「看護師」という資格で働いていても、
『師長』になった以上、ワード・エクセル・パワーポイントは必須になる。

必要であればアクセスも必要かもしれない。

自分で勉強をしてスキルを身につけるしかない。

 

最近はYoutubeでわかりやすい動画がいくらでもある。

学ぶ気持ちさえあれば、材料は豊富にあるのだ。

 

初めから得意な人なんていない。
みんな「苦手」という思いからスタートする。

時間をかけて、試行錯誤しながら学習することで成長するのだ。

師長なら自分の課題を自分で見つけて克服して頂きたい。

 

-勝手に言いたいこと, 仕事(医療・看護)

Copyright© めでろぐ , 2021 All Rights Reserved.