師長ブログめでろぐ

管理者(師長)へ向けて 仕事のこと(医療・看護)

「助かります」は使うべき

お礼一つで、気分が変わることがある。

 

「すみません」

「ありがとうございます」

 

は後者(ありがとうございます)の方がポジティブな要素が強く、
相手の気分を良くするらしい。

「すみません」は謝る時に使うことが多く、無意識に上下関係を作ってしまう可能性がある。

 

私は「ありがとうございます、助かります!」とセットで使う事が多い。

 

これは俗に言う「I(アイ)メッセージ」というもので、

私が」助かる

私が」嬉しい

私が」感謝している

という要素を含む。

 

自分の気持ちを相手に伝える事で、相手は「こう思っているんだ」と理解する。

 

日常的に使っているので、あまり深く考える人も少ないと思うが、
自分がどう考えているのか(どう思っているのか)を伝えることは相手に安心感を与える。

 

 

子育てや教育の場面でも「I(アイ)メッセージ」は良いらしい。

「こんな事やったらダメでしょ」ではなく、
「こんな風にしてもらうと嬉しい」
「これをやってもらうと助かる」

という感じで、「私が」どう考えているのか・・・を伝える。

ベクトルが「私」に向いているので、相手の負担は少ない。

 

もちろん、大きな声でハッキリと言わなければウソっぽく聞こえるので注意が必要。

 

何かを手伝ってもらった時に、「助かります!」と元気よく言ってみると良い。
それだけで、職場の空気が変わる。

 

  • この記事を書いた人

mede

【めで師長】 ある総合病院で看護師長をやっています。 看護師経験は20年以上で、精神科・ICU・内科病棟の経験があります。 Twitterで書ききれない内容をブログの中で好き勝手書いています。 このブログが誰かのお役に立てれば幸いです。 ※ブログの更新は不定期です。

オススメ記事

mede 1

もくじ1 看護師の勉強は少しずつ取り組むと良い2 『エキスパートナースの知恵袋』は救世主3 豊富な知識やスキルは毎日の学習でしか身につかない 看護師の勉強は少しずつ取り組むと良い 先日、とても面白い本 ...

看護師の勤務表の作り方 2

もくじ1 【めで流】看護師の勤務表の作り方2 ほとんどの看護師が勤務表に満足していない3 看護師の勤務表作成はコツがわかれば早く作れる3.1 ①スタッフから希望を聞いたら、希望表をコピーする3.2 ② ...

看護師おすすめ本 3

もくじ1 看護師におすすめする勉強本2 看護師が勉強を行う上でのポイント3 自分を管理する方法を知る4 お気に入りの本3冊 看護師におすすめする勉強本 先に言っておくが、今回選んでいる本は私の『主観』 ...

師長ブログ 4

もくじ1 看護師長は「言葉」を知っておかなければならない2 看護師も強みを活かす時代3 保存版〜強みワード 看護師長は「言葉」を知っておかなければならない   皆さんは手元に『強みワード』を ...

-管理者(師長)へ向けて, 仕事のこと(医療・看護)