265

私の日常生活 ブログのこと

265

 

265・・・

タイトル付けを間違えたのではない。

 

365から100を引いた数「265」

何の数字かわかるだろうか?

 

 

1年前に始めた「めでろぐ」の記事数(公開されている記事数)である。
(誰もわからないだろう・・・)

 

今回の記事で「266」となる。

めでろぐ

 

1年前はこんな未来は想像できなかった。

 

 

1年前の今頃、師長としての考えを発散したくて、「ただの愚痴」程度にブログを始めようと考えた。
「SNSとのつながりも大切だ」という記事を読んで「Twitter」も2020年3月頃に開設している。

WORDPRESSの設定に戸惑い、2020年の6月から本格的に『めでろぐ』を書き始めた。

 

 

当初はずいぶん『愚痴』が溜まっていたようで、勝手なことばかり書いている。

そう。

『勝手なことを書く』のがこのブログの趣旨である。

 

 

気がつけば、色んな方から読まれるようになり、Twitterのフォロワーが1,000人を超えた。
いまだに信じられないでいる。

たくさんの「いいね」を頂き、日々、フォロワーの皆さんを身近に感じながら生活するのが当たり前になってきた。

 

人生とは予想できないものだと改めて感じる。

 

 

 

別にブログを始めなくても、Twitterを始めなくても、人生で損はしないと思う。

ただ、始めたことで「得」はした。

 

恋愛の言葉に、「告白してフラレたとしても、告白しなかった後悔に比べると良い」という言葉がある。

「何もしないより」も「やってみる」方が断然良いのだ。

 

 

上手くいかないこともたくさんある。

大変な事もたくさんある。

それでも、試しにやってみた方が良い。

そして、始めるのはできるだけ早い方が良い。

 

 

 

以前、「いつやるの?今でしょ?」で有名な林 修先生の講演を聞きに行った事がある。

林 修先生がなぜいまだにテレビに出られているのか?

それは、先生自身が、周囲が求める考えを知り、自分を変化させてきたからである。

林 修先生自身がそう仰っていた。

 

 

社会に出て、上手くいかないときは「他人のせい」にしがちである。
特に若い頃は「なぜわかってもらえないんだ!」と苛立つ事も多い。

しかし、その考え方を変えないと、ずっと上手くいかない。

 

周囲の考え(期待)をよく学び、それに合わせて自分が変化しないと上手くいかないのだ。

 

 

デール・カーネギーの「人を動かす」という本の中でもこの事は述べられている。
名作なので、読んだことがない人は絶対に読んでおいたほうがよい。
人生において、この本は「得」でしかない。

『人を動かす』デール・カーネギー

 

 

話がずいぶん逸れたが、ブログやTwitterも「誰かのため」に書かないとダメだってことである。

 

私は途中から何となくそれに気づいた。

いつも役に立てているとは思わないが、少しでも誰かの役に立てていれば嬉しい。

 

さて、今日も一日誰かの役に立てるよう頑張ろう☆

 

  • この記事を書いた人

mede

【めで師長】 ある総合病院で看護師長をやっています。 看護師経験は20年以上で、精神科・ICU・内科病棟の経験があります。 Twitterで書ききれない内容をブログの中で好き勝手書いています。 このブログが誰かのお役に立てれば幸いです。 ※ブログの更新は不定期です。

オススメ記事

mede 1

もくじ1 看護師の勉強は少しずつ取り組むと良い2 『エキスパートナースの知恵袋』は救世主3 豊富な知識やスキルは毎日の学習でしか身につかない 看護師の勉強は少しずつ取り組むと良い 先日、とても面白い本 ...

看護師の勤務表の作り方 2

もくじ1 【めで流】看護師の勤務表の作り方2 ほとんどの看護師が勤務表に満足していない3 看護師の勤務表作成はコツがわかれば早く作れる3.1 ①スタッフから希望を聞いたら、希望表をコピーする3.2 ② ...

看護師おすすめ本 3

もくじ1 看護師におすすめする勉強本2 看護師が勉強を行う上でのポイント3 自分を管理する方法を知る4 お気に入りの本3冊 看護師におすすめする勉強本 先に言っておくが、今回選んでいる本は私の『主観』 ...

師長ブログ 4

もくじ1 看護師長は「言葉」を知っておかなければならない2 看護師も強みを活かす時代3 保存版〜強みワード 看護師長は「言葉」を知っておかなければならない   皆さんは手元に『強みワード』を ...

-私の日常生活, ブログのこと