めでろぐ

私の日常生活

幸せを感じることがストレスを減らす

新型コロナウイルス感染症が流行して、もう1年以上になる。

毎日のように「感染者数」が報道され、今は「第4波の抑え込み」と「オリンピック」が天秤にかけられ、ニュースでは連日報道されている。

専門家は「100年に一度の感染症」と言っているので、今生きている人の殆どは「未曾有の事態」ということになる。

 

何が正解で何が不正解なのかわからず、「賛成波」と「反対波」が意見をぶつけ合う。

 

SNSでは常に「誰かのせい」にして言いたいことを言っている人も多い。

 

「コロナに感染したくない」気持ちはあるが、心のどこかで「罹っても仕方ない」と考えている部分があることは事実。

どこかしらアンバランスな気持ちを抱えながら日々過ごしている。

 

私の住んでいる町では、今まで殆ど感染者はいなかったのだが、最近になって増えてきた。
働いている病院も、あっという間に「コロナ患者の受け入れベッド」が満床になった。

コロナ感染症の患者さんは最低でも10日はベッドを埋める。
長い人は1ヶ月以上だ。

医療崩壊はすでに起こっていると感じる。

 

 

感染予防の対策は「手洗い」や「マスク」「不要不急の外出を避ける」と言われており、接触を減らすことが第一選択である事がわかっている。

私はこれに加えて「ストレスをためない」ことだと思っている。

 

ストレスは免疫力を低下させる。
つまり、ウイルスと接触した時に「感染」しやすくなる。

 

 

ストレスの感じ方は人によって違う。

同じ「事象」が起こっても、ストレスを感じやすい人と感じにくい人がいる。

なにかに取り組むこと(読書やゲームなど)で日常を忘れ、ストレスを緩和出来る人もいれば、「何もしない」方が好きという人もいる。

お酒を飲んだり、カラオケで歌ったりするのが好きな人だっている。

 

何処かで「幸せ」を感じる事が大切だと最近は思う。

 

睡眠・運動・食事 は基本的な部分として、それ以外に「幸せ」を感じる事に取り組んでみると良い。

 

  • お酒を楽しむ
  • ガーデニング
  • ペットとの関わり
  • コーヒーをゆったり飲む
  • 他人とのふれあい

など

 

小さな「幸せ」はストレスを緩和してくれる。

「何かをしながら・・・(例えば、テレビを見ながらお酒を飲む)」ではなく、一つの事を存分に味わうこと。

「生きているって素晴らしい」と感じることでストレスは緩和される。

 

私は「香り」を楽しむ事でストレスを緩和させている。

コーヒーの香り

お酒の香り

お菓子の甘い香り

パンの香り

 

食べ物や飲み物ばかりで太る。

  • この記事を書いた人

mede

【めで師長】 ある総合病院で看護師長をやっています。 看護師経験は20年以上で、精神科・ICU・内科病棟の経験があります。 Twitterで書ききれない内容をブログの中で好き勝手書いています。 このブログが誰かのお役に立てれば幸いです。 ※ブログの更新は不定期です。

オススメ記事

mede 1

もくじ1 看護師の勉強は少しずつ取り組むと良い2 『エキスパートナースの知恵袋』は救世主3 豊富な知識やスキルは毎日の学習でしか身につかない 看護師の勉強は少しずつ取り組むと良い 先日、とても面白い本 ...

看護師の勤務表の作り方 2

もくじ1 【めで流】看護師の勤務表の作り方2 ほとんどの看護師が勤務表に満足していない3 看護師の勤務表作成はコツがわかれば早く作れる3.1 ①スタッフから希望を聞いたら、希望表をコピーする3.2 ② ...

看護師おすすめ本 3

もくじ1 看護師におすすめする勉強本2 看護師が勉強を行う上でのポイント3 自分を管理する方法を知る4 お気に入りの本3冊 看護師におすすめする勉強本 先に言っておくが、今回選んでいる本は私の『主観』 ...

師長ブログ 4

もくじ1 看護師長は「言葉」を知っておかなければならない2 看護師も強みを活かす時代3 保存版〜強みワード 看護師長は「言葉」を知っておかなければならない   皆さんは手元に『強みワード』を ...

-私の日常生活