レポートを書けない看護師たち

師長ブログ

看護師は文章を書くのが下手!?

最近、スタッフのレポートを添削する機会が続いた。

 

「文章を書くのが苦手」と言っている看護師は意外に多い。

子供の頃は「作文」や「感想文」を書くが、大人になると「論文・レポート」になる。

そもそも、基本的な「作文・感想文」と「論文・レポート」の違いを押さえていないと書けない。

今回、レポート添削を依頼してきたスタッフは全員、このことを理解していなかった。

 

本を読んでも文章を書くのはうまくならない

 

文章を書くために「本を読め」と言われる事が多い。
私はこの考え方には否定的である。

文章を書くにはやはり「とにかく文章を書け」である。
インプットとアウトプットは全然違う。

 

以前、ブログの中で書いたかもしれないが、サッカー選手がサッカーを上手くなるには、身体を動かしてサッカーの練習をするしかない。

サッカーのテレビ番組を見たり、本を読んだところで上手にはならない。
せいぜいルールを覚えたり、動きを頭で理解するのが関の山である。

 

文章を書くのも同じであろう。

本をいくら読んでも文章は上手くならない。

「良い文章」と「悪い文章」の違いは見分けられるようになるだろうが、
文章が上手くなることはない。

上手くなりたいなら、地道に「文章を書く」しかない。

 

レポートの基本構成は3つ

 

レポートや論文の基本構成は3つ。
「序論」「本論」「結論」である。

ちなみに、「起承転結」は作文や感想文の書き方だ。

 

①序論:問題の背景や論じる内容、意義を書く
②本論:問題に対する主張やその理由を書く
③結論:序論で提起した問題に対する筆者の回答を書く

となっている。

簡単に言えば、
①私はこれが問題と考えている
②その理由は○○であり、△△もこのように述べている
③この問題にはこのように取り組むべきである

という感じ。

ここでサラッと書いているが、いざ書くとなると難しい。

やはり、「書く訓練」が必要である。

 

レポートは「誰が読むのか」が大事

 

もう一点、レポートを書く前によく考えておく事は、「誰が読むのか」を知っておく必要がある。
これを意識している人と意識していない人では結果が大きく変わってくる。

看護部長が読むのか、院長が読むのか、男性か、女性か・・・を意識して書かないといけない。

「読み手が好きな内容」でなければ、良い評価はもらえない。

 

社会に出たら「自分が好きなこと」ではなく、「相手の好きなこと」をよく考えて動いた方が良い。

子供は自分勝手だが、「大人になる」という事はそういう事だ。

 

また、看護の世界で、レポートを書くのなら、必ず「看護観」は臭わせておくべきだ。
要するに、「私は看護師としてここにこだわっている」という点である。

そのためには、自分たちの「強み」を知っておかなければならない。
「強み」は看護観につながっている事が多い。

 

強みがわからない人は、過去の記事「『強みワード』を持っておこう」を参考にされたい。
https://mede.kangonote.com/tuyomiword/

師長ブログ

『強みワード』を持っておこう

2021.03.19

「ビジネスにおける強みキーワード」から3つほど選択すれば、それはその人の「強み」である。
普段意識していない強みに気づけるはずだ。

自分が何を大切にして仕事をしているのか、自分は何ができるのか、自分の理想は何なのか。
これを明らかにしておくことで、レポートに「個性」がでる。

 

テーマがどうあれ、「個性」が出せれば読み手を引きつけられる。
感情が動けば評価は上がる。
最後はポジティブに締められれば最高である。

 

最後に、論文とレポートの違いをまとめて書いておく。
これは看護管理の研修時に習った内容である。

レポートを書く機会があれば活用してほしい。

 

***********************************************

【論文・レポート】
・問いに対する答え
・普遍的な事実に基づく主張
・序論、本論、結論(形式が決まっている)
・客観的な証拠と論理的な推論が必要
・~である調
・「~と考える」「~と分析できる」「~だと推察する」「評価する」など、自分の考えや主張を表現する用語を使う
・箇条書きはしない
・曖昧な言い方や感想を述べない

【作文・感想文】
・個人の体験談
・個人的な体験に基づく主張
・起承転結
・自分の思ったことや感じたことを書いて良い
・ですます調
・思った、感じた、面白かった、素晴らしいなど、感情や感想を表す表現をして良い

***********************************************

 

ABOUTこの記事をかいた人

【めで師長】 ある総合病院で看護師長をやっています。 看護師経験は20年以上で、精神科・ICU・内科病棟の経験があります。 Twitterで書ききれない内容をブログの中で好き勝手書いています。 このブログが誰かのお役に立てれば幸いです。 ※ブログの更新は不定期です。